nishimoto clinic

記事一覧(36)

冬の赤ら顔、緩和&予防

だんだんと寒くなって本格的な冬になってきました。お店や、電車の中、部屋で暖房を付ける機会が増えてくると思います。暖房を付けているのに、手足先だけ冷たいなんて経験ありませんか。その上、顔だけ熱くなって火照ったような感じ。この症状を赤ら顔と言います。頭がボーっとして集中力が切れて仕事や勉強が進まない、なんてこともあるかと思います。実はこの症状、暖房だけが原因ではないのです。赤ら顔には様々な種類があります。・毛細血管拡張症・敏感肌、オイリー肌による皮脂・赤面症・ニキビ、ニキビ跡、吹き出物の炎症まだまだ種類はありますが、代表的なものが上記となります。そして、暖房と関わりがあるのが、毛細血管拡張症となります。この症状は、寒い屋外で毛細血管が収縮し、温かい屋内で一気に拡張されることが原因です。ですので、誰にでも起こりうる症状です。また、特に皮膚が薄い方は毛細血管が肌表面に現れ、見えやすくなっています。よく、血液の流れが良いからと赤くなると言われています。実はその逆で、血液の流れが滞っているので、その部分が赤くなります。そして、外気が乾燥していると、顔も乾燥しがちです。肌が乾燥すると、潤いを守る成分が不足し、バリア機能が低下します。そうすると、外部のちょっとした刺激にも敏感に反応してしまいます。屋外と屋内の温度差を最小限に押さえること血流をよくすること保湿ケアをしっかりして乾燥肌・敏感肌を改善することが重要となってきます。下記のことに気を付けてみてはいかがでしょう。①顔周りの温度差を無くす外出する際は、直接冷気にあたらない様にマスク・マフラー・帽子などで温かい部屋に入った時に急激な温度差を少なくすることが大切です。②香辛料・アルコールを控える香辛料は血管を膨張させる作用があります。唐辛子やコショウなど香辛料が効いた食事はなるべく避けるようにしましょう。また、アルコールは利尿作用があり、身体を冷やしてしまうので控えるようにしましょう。③乾燥対策冬は他の季節と違って乾燥しやすくなります。水分だけでなく、油分も十分に補充しましょう。加湿器を焚くと空気も潤い、風邪予防にもなります。

リンパマッサージ?静脈マッサージ?

日常生活で顔が大きくなる原因があります。・バッグを同じ片側で持つ・足を組むのも同じ側。・肩凝りが酷い・顔の筋肉が衰えているなど、普段何気なくやっていることが顔を大きく見せる原因を作っています。バッグを持つ手を交互にし両方均等にしたり、足を定期的に組み替えたり。(足を組むのは骨盤や身体の歪みにも繋がるのであまりオススメしません)このコラムを参考に顔の筋肉を鍛えたり、マッサージしたり。「小顔マッサージ」というと、リンパマッサージや顔の筋肉をほぐしたり鍛えたりすることを連想すると思います。もちろん、上記も必要となります。しかし、それらの前に、静脈のマッサージをし、流れを整えることによって更に「むくみ」「小顔」「リフトアップ」などの効果を高めることができます。老廃物が溜まっていては顔が大きく見えます。老廃物を出すにはリンパマッサージがいいと良く聞くと思いますが、実は体内の老廃物の大半を排出しているのが静脈になります。静脈って血管では?と思う方が多いと思いますが、その通り。しかし、この静脈はリンパ管の約9倍もの老廃物を排出しています。リンパ管はむくみの原因である「余分な水分」を排出する機能がほとんどありません。大半は静脈が担っています。しかも、リンパ管はかなり細いので排出するのに時間がかかってしまいます。では、リンパ管と静脈の違いとはなんでしょうか。静脈は老廃物や二酸化炭素(と酸素)を運んで心臓に戻ってくる血管です。主に老廃物を運ぶのが静脈になります。一方、リンパ管はウイルスの抗体を作ったり、遺物や細菌を撃退・血管に入らないように防ぐ他、静脈が排出しきれなかった老廃物の排出を手助けしてくれる役目があります。どちらにしても流れが滞ると身体の疲れ、コリ、最悪の場合は病気に繋がります。リンパマッサージと一緒に静脈マッサージも行うとより効率的です。ではその静脈をマッサージしていきましょう。≪場所≫首の脈を打っている1cm外側の胸鎖乳突筋(きょうさにゅうとつきん)首の筋のことです。≪マッサージの仕方≫3本の指(人差し指・中指・薬指)を使用して耳の後ろのへこみから鎖骨へ下ろす。反対側も同じように3本の指を使用し上から鎖骨へ下ろす。各5回ずつ、行いましょう。